植物と昆虫」カテゴリーアーカイブ

台湾花紀行-140 小さなアリンコ

以前椿の仲間のゴルドニアを紹介しましたが、その花の中を小さなアリがたくさん。蜜がいっぱい出ているのでしょうか、左の写真はお腹がまだ膨らんでいませんが、右の写真の蟻はお腹が膨らんで節と節の間が半透明になっています。小さすぎ … 続きを読む

カテゴリー: お花の番外編, , 台湾, 季節, 害虫, 山地, 旅行, 昆虫, 植物と昆虫, 益虫, 自然, 自然と生き物 | コメントする

ずっとわからなかった蛹・・・ホウネンタワラチビアメバチの仲間だった

時々葉の裏に俵型の繭のようなものがぶら下がっているのを見かけていた。今回台湾でも同じものを撮っていて、海外でもあるんだなぁとおもっていたのだ。 蛹は全然関係ないこと検索していたら、偶然出てきて名前が判明して蜂の蛹と分かり … 続きを読む

カテゴリー: お花の番外編, 台湾, 昆虫, 植物と昆虫, 益虫, 紀行, 自然, 街中, 郊外 | コメントする

オオスカシバの卵

クチナシの葉が無くなっていて見ると下は糞がころころと・・・。探すと大きなオオスカシバの幼虫が。よくよく見ると小さなエメラルドグリーンのつやつや卵が産みつけられていました。こんな数ミリが云百倍になるのだからすごいものです。

カテゴリー: お花の番外編, 害虫, 昆虫, 植物と昆虫 | コメントする

食痕(トレンチ)

キュウリの表面をかじったやつがいる! よく見ると綺麗でもあるがかじるというかこそいでいるというか・・・。トホシテントウの仕業。ナスにはニジュウヤホシテントウですがキュウリにはトホシテントウ。食草とかじった後である食痕(ト … 続きを読む

カテゴリー: お花の番外編, , 害虫, 昆虫, 植物と昆虫, 自然と生き物 | コメントする

八丈島の植物 モウセンゴケ

【モウセンゴケ:Drosera rotundifolia】 野生のモウセンゴケの自生地は二カ所目で、最初は箱根の仙石原湿原内でボランティア作業の植生チェックで湿原内に生えているのを見て感動! 今回は八丈島ですが湿原ではな … 続きを読む

カテゴリー: 八丈島, 土手, , 多年草, 宿根草, 山地, 植物と昆虫, 自然, 自然と生き物, 野草, 食虫植物 | コメントする

ウドンゲ 優曇華

【クサカゲロウの卵】 優曇華。仏教用語?仏教界での言葉で三千年に一度咲く花と言われていた優曇華。クサカゲロウの卵。糸状の先端に淡いグリーンの卵がついている。天敵や他の肉食昆虫から少しでも守ろうとしているのだろう。幼虫はア … 続きを読む

カテゴリー: お花の番外編, 初夏, 昆虫, 植物と昆虫, 益虫, 自然と生き物 | コメントする

台湾昆虫記2

写真は皆さんというか多くの方が嫌っているゴキちゃん。日本の種も含め本来はその多くが山野にいて写真のように葉を食べたり残渣などを食べて自然に還元させている昆虫の仲間です。家の中に出るのはやはり私もとても苦手・・・。 さて、 … 続きを読む

カテゴリー: お花の番外編, 台湾, 昆虫, , 林縁, 植物と昆虫, 自然, 自然と生き物 | コメントする

台湾の虫色々

台湾の山中から畑に出る途中で見つけたカメムシの仲間。姿かたちはカメムシ。妙に後ろ足が太い。このタイプのカメムシはお初です。これからも色々見つけそうです。

カテゴリー: お花の番外編, 台湾, 害虫, 山地, 昆虫, , 林縁, 植物と昆虫, 自然, 自然と生き物 | コメントする