台湾花紀行-133 羊角藤

【羊角藤:Morinda umbellata】

つる性の常緑樹で金面山の頂上に自生していたが時々の管理で刈り込まれているのか蔓よりも低木に見えていた。最初はミズキの仲間かと思っていたのだが調べたら、モリンダ属だった。モリンダといえばヤエヤマアオキ。ヤエヤマアオキと言ったらノニジュース。

おお~!ヤエヤマアオキ以外に初めて出会えたモリンダ属。実の大きさはかなり違うけど一方は低木で、こちらはつる性というのも面白いものだ。

ヤエヤマアオキはこちらへ

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ノニジュース 無農薬発酵ヤエヤマアオキ100% 720ml×2本[送料無料]
価格:5400円(税込、送料無料) (2019/12/10時点)

楽天で購入

 

 

カテゴリー: つる性植物, オレンジ色の実, 低木, , 台湾, 季節, , 山地, 常緑樹, 旅行, 林縁, 樹木, 自然, 赤い実 | コメントする

台湾花紀行-132 柳葉鱗球花

【柳葉鱗球花:Lepidagathis stenophylla】

こちらは前日にあげたウロコマリの仲間ですが昨年の12月に行った恒春半島の懇丁国家公園森林区に行く途中で見かけたもの。とりあえず何でも目に付くものは撮っておくものですな。実際こちらの種はこの恒春半島のみで少しだけ他の場所でも見られるようですがこの半島に見られる特有種となっていました。こんな発見もその場ではわからないけど一年経った12月にわかるのも不思議なもの。

ウロコマリの仲間はこちらへ

カテゴリー: , 台湾, 土手, 多年草, 常緑多年草, 旅行, 林縁, 白い花, 自然, 花色, 野草 | 1件のコメント

台湾花紀行-131 台灣鱗球花(ウロコマリ)

【台灣鱗球花:Lepidagathis formosensis】

リュウキュウウロコマリにも似ているが花がどちらかといえばこちらの方が四方に広がるように開いているのでちょっとだけ十字型かな。また、花茎はこちらの方がかなり高く育ち40センチ以上に育つ。その分花穂も少し多いため花付きも多そうだ。

リュウキュウウロコマリはこちらへ

カテゴリー: , 台湾, 多年草, 常緑多年草, 植物園, 樹林内, 白い花, 花色, 野草 | コメントする

台湾花紀行-130 柳葉水蓑衣

【柳葉水蓑衣:Hygrophila salicifolia】

ハイグロフィラの仲間は ’水蓑衣’ とつくようですね。こちらの仲間も前回の仲間同様に湿地や水辺に自生する多年草です。柳葉とあるように葉が柳のようにやや長めで細いです。写真ではわかりにくいですが、花にはうっすらと産毛が見られます。

他のハイグロフィラはこちらへ

カテゴリー: , 台湾, 多年草, 常緑多年草, 赤紫色, 野草 | コメントする

台湾花紀行-129 大安水蓑衣

【大安水蓑衣:Hygrophila pogonocalyx】

学名のハイグロフィラというとアクアリウムで水中に沈めて使う水草の仲間を思い浮かべる。こちらの種は台湾中部苗栗や台中沿岸部などの湿地や湿った場所に群生する多年草。赤紫色の花が葉腋部分に数輪付く。

他のハイグロフィラはこちらへ

カテゴリー: , 台湾, 常緑多年草, 植物園, 赤紫色, 野草 | コメントする

お陰さまで満員御礼❗️

苔玉教室、正月版は満員になりました。

ありがとうございます❗️

カテゴリー: お花の番外編 | コメントする

台湾花紀行-128 山紅柿

【山紅柿:Diospyros morrisiana】

北部から中部の山間部に見られる柿の仲間。実の大きさは小さい。落葉樹だが台湾の12月ではまだ落葉の雰囲気ではないようだ。この後実の色は黄色っぽい柿色に色づく。

他の柿の仲間はこちらへ

カテゴリー: , 台湾, 山地, 果物、フルーツ, 樹木, 樹林内, 緑の実, 自然, 落葉樹, 高木 | コメントする

台湾花紀行-127 タイワンツバキ

【タイワンツバキ:Gordonia axillaris】

最近庭木としてゴルドニアの名前で販売されているタイワンツバキ。叢生してよく育ち少し広い庭の方が雰囲気がよさそうだ。上に伸びつつ少しずつ横幅が出てくるように思う。台湾の金面山に登っていたらその周りでも咲いていた。大きな白い花はよく目立ちます。

ゴルドニアの仲間はこちらへ

カテゴリー: , 台湾, 山地, 常緑樹, 樹木, 樹林内, 白い花, 自然, 花色 | コメントする