☆台湾の朝の砂浜、夜の跡☆

明け方の海を撮ろうと砂浜に行くと細かい何やら跡がいっぱい。ヤドカリのようだ。夜の誰もいない砂浜はカニやらヤドカリやらの遊び場のようだ。町では遅くまで賑やかに人間が遊んでいるが砂浜はそれ以外の生き物たちの営みの場所。

カテゴリー: お花の番外編, 台湾, 旅行, 海岸, 自然, 自然と生き物 | コメントする

届きそうで届かない。

カタツムリが一生懸命身体を伸ばしている。距離はだいぶ開いている気がするがすごく体を伸ばして隣の枝に移ろうとしている。しばらく伸ばして身体をふらふらしながら、届くかどうか・・・。でも届かないので数分後あきらめていた。カタツムリの目には距離がどのように映っていたのだろう? この伸ばし具合がちょっとかわいい。

カテゴリー: お花の番外編, 台湾, 旅行, 植物と昆虫, 自然, 自然と生き物, 郊外 | コメントする

台湾花紀行-99 Deeringia amaranthoides

【ディーリンギア・アマラントイデス:Deeringia amaranthoides】
トキワギョリュウかモクマオウの仲間の樹木の枝の間から赤い小さな実のついた長い房が垂れ下がっていた。遠目に何だろうと思って近くで見たらツタ状で茂っていて色々なところから赤い実のついた房を垂れ下げていた。グリーンの状態ではあまり気にかけないが赤くなるとよく目立ちます。ヒユ科の植物でインドやフィリピンなどにも見ることができるようだ。

カテゴリー: つる性植物, , 台湾, 多年草, 季節, 常緑多年草, 旅行, 海沿い, 自然, 赤い実, 野草 | コメントする

赤い実が目立つ頃ヒヨドリに アロニア

【アロニア:Aronia arbutifolia】

バラ科の低木で根元からも芽を出して低木兼ブッシュを作る。春先の白い花も綺麗ですが秋の赤い実は鳥に食べてもらうためによく目立ってます。実の中の種は発芽率がよくて一度種を蒔いてみたら蒔きすぎて、育苗トレーが大変なことになってしまいました。実付きがよいので小さな盆栽に仕立てても面白いかもしれません。写真は赤い実の種ですが、黒っぽい実の種もあります。

アロニアはこちらへ

カテゴリー: 低木, , 季節, 果物、フルーツ, 樹木, 落葉樹 | コメントする

クヌギにまだついていた クリオオアブラムシ

 

【クリオオアブラムシ:Lachnus tropicalis】

アブラムシの仲間の中では大型の種類。主にクリにつくようだが我が家ではクヌギについていた。まばらではあるが結構な団体さんでくっついていたのだが周りの背の低い落葉樹が落葉してきて気が付いた。この時期ではそろそろ産卵すると思うのだが小さな個体もいてまだ増えていくのだろうか?今年は予報通りに暖冬だからか? 口吻を立ててしっかりと枝に突き立てて吸汁しているのが見えます。

カテゴリー: お花の番外編, , 季節, 害虫, 昆虫, 植物と昆虫, | コメントする

室内、屋外に少しずつ花を。

今、仕事中の現場にて。

ハンギングバスケットで彩り。

室内はアーティシャルフラワーの観葉植物で。

 

カテゴリー: お花の番外編 | コメントする

台湾花紀行-98 タイワンキヅタ

【タイワンキヅタ:Hedera rhombea var. formosana】

日本でも見られるキヅタの変種。西洋キヅタ(アイビー)の仲間です。台湾北部と中部の山地などに自生しており、木々の間に茂みを作ったり着生しているようです。つぼみが見られますが、日本で見るキヅタは何段かに散形花序が重なっていた気がしますが、こちらの種は一段だけのように見えます。

キヅタの仲間はこちらへ

カテゴリー: つる性植物, 低木, 台湾, 周年, 季節, 山地, 常緑樹, 旅行, 林縁, 樹木, 樹林内, , 自然 | コメントする

マゼンダ&パープル

このプリムラのジュリアンのカラーリング、中々ない組み合わせ。品種というかシリーズ名を失念してしまいましたが、花が完全に開かないのかもしくは筒状になるところの不完全なのか、不思議な配色のジュリアン。今まで他の平たい普通の花のタイプもよく見ればこのようなツートンだったのだろうか? 現在お店で取り置き中。明日には持って帰ろう。

他のジュリアンはこちらへ

カテゴリー: なんとも言えない色, , 多年草, 季節, 常緑多年草, 花色, 赤紫色, 青紫色 | コメントする