台湾花紀行-152 松山慈祐宮

台湾旅行に行くと夜は夜市へ行ってみる。毎日行くわけではないが4日間ならばそのうち2回はふらふらと行ってみる。今回は台北よりMRTに揺られ松山駅からすぐの「饒河街夜市」に行ってみた。まだ、空いている場所も多かったが路地には白く枠線が書かれナンバリングされていた。他の夜市では気が付かなかったが他もそうなのかな。でも、今回は夜市の話ではなくその夜市街から出てすぐのところに大きな寺院があった。松山慈祐宮。写真に虎が三匹の像がありますが、この場所に行ってみたかった。が、どこだかすっかり忘れていたが、会った~、何たる偶然!嬉しすぎた。この横に水の入ったお椀に台湾のコインが入っていてそれをいただくのですがその前に少しお布施をします。そのお布施よりも金額の小さなコインを小さなしゃもじですくって、お線香の上で三回回していただいて帰ります。たしか、財運アップ?金運?だったかな。でもこの虎三匹がなんともかわいいのです。

その前にもちろん寺院も参拝しましたが、寺院のどこかの床にスヌーピーがいますよ。ユニークなところもいいですね。ぜひ参拝してみてください。

カテゴリー: お花の番外編, , 台湾, 旅行, 紀行 | コメントする

台湾花紀行-151 Alpinia kawakamii

【アルピニア・カワカミィ:Alpinia kawakamii】

台北の陽明山中は赤い実をつけた植物をたくさん見れました。今回はアルピニアですがいつもはクマタケランなどに似ているもので葉だけしか知らなかったが実を見つけて種類が違うのがわかった。この付近ではまだ花を見ていないかクマタケランだと思って撮っていなかったか・・・。下にもだいぶ赤い実が落ちていたけど鳥が食べるのか動物なのか?他の種はまばらにつけるのだがこちらの種はかなり密生してつけるので実のついていたであろう跡から考えると実がたくさんついているときはさぞ目立つことだろう。

アルピニアの仲間はこちらへ

カテゴリー: , 台湾, 多年草, 季節, , 常緑多年草, 旅行, 林縁, 樹林内, 自然, 赤い実 | コメントする

台湾花紀行-150 ヤマビワソウ

【ヤマビワソウ:Rhynchotechum discolor】

沖縄へ行ったときに初めて見たヤマビワソウ。白い実が印象的でした。台湾でもいつも葉だけで今回初めて実がついているのを見ましたが結構ついている。でもまだなぜか中々花が見れない。結構回っていると思うのだがタイミングだろうなぁ。白い実ってなかなかないかと思うがヤマビワソウはマンリョウの白い実のような感じではなく艶やかで乳白色のガラスの玉のようです。

ヤマビワソウはこちらへ

カテゴリー: , 台湾, 多年草, 季節, , 常緑多年草, 旅行, 林縁, 樹林内, 白い実, 自然, 野草 | コメントする

台湾花紀行-149 ヤンバルミョウガ

【ヤンバルミョウガ:Amischotolype hispida】

以前もこのヤンバルミョウガを紹介した時は花の時で白い儚そうな花が印象的でしたが、今回実を初めて見てツユクサの仲間でもこんなに赤い実をつけんるんだと思いました。普通のツユクサだと砂利の小粒っぽい地味な種で実になるようなことはなかった。これだけ目立つからにはやはり鳥が食べて散布するのだろうな。

ヤンバルミョウガの花はこちらでも

 

カテゴリー: , 台湾, 多年草, 季節, , 常緑多年草, 林縁, 自然, 赤い実, 野草 | コメントする

台湾花紀行-148 マンリョウ

【マンリョウ:Ardisia crenata】

日本では万両、台湾では鐵雨傘。なぜ鐵なのだろう?傘は想像だが頂部の枝が傘状に広がるからだろうと想像できるのですが・・・。12月上旬ですがカラタチバナの方がしっかりと赤くなっていてマンリョウよりも早く熟することが分かった。こちらはまだ緑の部分が残っています。日本に帰ってきたら日本の植えてあるものなどもまだ緑が残っていたので熟す度合いは同じなのかもしれない。違うのは関東の場合でだが、葉の表面に熱帯や亜熱帯性のヒョウジョウゴケの仲間が生えていることかも。

そういえば以前はヤブコウジ科だったがいまはサクラソウ科(Primulaceae)なんだよなぁ。

万両の仲間はこちらへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大実万両(マンリョウ)白実 6号鉢(h34)
価格:2970円(税込、送料別) (2019/12/26時点)

楽天で購入

 

 

カテゴリー: 低木, , 台湾, 季節, , 山地, 常緑樹, 林縁, 樹木, 樹林内, 自然, 赤い実 | コメントする

台湾花紀行-147 カラタチバナ

【カラタチバナ:Ardisia crispa】

日本にも自生しているカラタチバナ。正月の縁起物の低木として鉢植えや庭木に使われる。日本では白い花をつけそして11月末から12月にかけて赤い実がなりよく目立つ。鳥が食べてしまうので気をつけないと年が明けて実が無しなんてこともあるから要注意です。台湾で見るカラタチバナは花の色が先端は白なんだが中心はピンクで、その前の蕾もピンクが映えて綺麗。

他のカラタチバナはこちらへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(山野草)盆栽 福来る! 百両 カラタチバナ(唐橘)紅白(1セット)【HLS_DU】
価格:1700円(税込、送料別) (2019/12/25時点)

楽天で購入

 

 

カテゴリー: 低木, , 台湾, 季節, , 常緑樹, 旅行, 樹木, 樹林内, 自然, 赤い実 | コメントする

台湾花紀行-146 サルトリイバラ

【サルトリイバラ:Smilax china

超というほど実がついていた。日本でも切り花で実付きが販売されるが、それを上回ると思えるほどの実付き。蔓が絡んでいるから余計そう見えるのかもしれないけど、それでも、販売品以上に思えた。自然と販売品をすぐ比べてしまうのは、よくないかもしれないが比較するものがついついそっちになっちゃう。風が強くてあまり撮れなかったけど、綺麗な赤い実でした。

サルトリイバラの仲間はいっぱいあります

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サルトリイバラ 9.0cmポット 1本【1年間枯れ保証】【山野草】
価格:990円(税込、送料別) (2019/12/24時点)

楽天で購入

 

 

カテゴリー: つる性植物, 低木, , 台湾, 季節, , 旅行, 林縁, 樹木, 樹林内, 自然, 落葉樹, 赤い実 | コメントする

台湾花紀行-145 バオバブ

【バオバブ:Adansonia digitata】

台北からMRTに乗って關渡宮駅より降りて、關渡宮へ行くときにアンダーパスをくぐるのですが、くぐった先を宮へ行かずに左を見るとバオバブが並木として植栽されています。今回12月行ってふと上を見上げると おお~!まだ若いけど実がなっていました。もう少し大きくなると思うけどかなり上にあって望遠でやっと綺麗に撮れた。

バオバブの仲間はこちらへ

 

カテゴリー: , 台湾, 多肉植物, 季節, 旅行, 樹木, 緑の実, 落葉樹, 街中, 高木 | コメントする