並んでいます。 アブラムシ

シャリンバイの葉の裏についているアブラムシ。害虫としてみれば駆除の対象で、薬をしゅっとかければ済んでしまうのですが、アブラムシの世界をのぞいてみると結構面白いようだ。細かいことはさておき、葉脈の主脈に口吻を刺している汁を吸っている。葉の裏に付く理由は色々? 天敵に見つかりにくい、栄養の流れている部分は葉の裏側の葉脈に多く見られるからなどなど。でも天敵には見つかってしまうんだよね。人間を含めて・・・。

カテゴリー: お花の番外編, 害虫, 昆虫, , 植物と昆虫, 自然と生き物 | コメントする

西オーストラリア花紀行-30 アカシア・ドルムンディ

 

【アカシア・ドルムンディ:Acacia drummondii】

明るいユーカリなどが自生しているナショナルパーク内で咲いていた低木のアカシア。花の穂が細長く色は淡い黄色。葉は一応羽状葉で小さい。パースを中心にやや北から南部に分布している。

アカシアはこちらでも見られます!

 

カテゴリー: オーストラリア, 低木, 常緑樹, 旅行, , 樹木, 樹林内, 郊外, 黄色い花 | コメントする

西オーストラリア花紀行-29 アカシア・ラシオカルパ

【アカシア・ラシオカルパ:Acacia lasiocarpa】

樹高は高くなっても1m前後だろうか。横に広がるように枝を伸ばす。日本でも鉢物で販売されています(いた?)。小さな羽状葉で花は黄色の球形。細い枝にたくさん咲いています。何気に細い刺もあるので気をつけないといけないが、パースを中心に南北に広く分布するが東方面にはないようだ。また、いくつかの変種があり、葉が小さいものやもう少し緩やかに伸びている種がある。

アカシア類はこちらから

 

カテゴリー: オーストラリア, 低木, 常緑樹, 旅行, , 植物園, 樹木, 黄色い花 | コメントする

西オーストラリア花紀行-28 アカシア・デンティキュロサ

 

【アカシア・デンティキュロサ:Acacia denticulosa】

日本でのミモザ→ギンヨウアカシアが一番見慣れている。庭木や切り花でも見ているからだが、西オーストラリアには1100種以上あり、葉の形も花の形(色はほとんど黄色と淡いクリームか白)も色々。写真の種も葉の形が大きく花が細長い黄色。なんといっても葉と茎に触るとベタベタというか松脂っぽくなるというか、手に残る感があります。

ミモザ=アカシアですが西オーストラリアでは郊外に出ると春は色々な種が見れます!

アカシアはこちらから!!!

カテゴリー: オーストラリア, 低木, 常緑樹, 旅行, , 植物園, 樹木 | コメントする

西オーストラリア花紀行-27 トラキメネ・オルナタ

 

【トラキメネ・オルナタ:Trachymene ornata】

以前はセリ科現在はウコギ科(Araliaceae)になっている一年草。派手なものや花の大きなものばかりではなく地面に小さく咲くものも多いオーストラリアで10㎝ほどの大きさで小さいな白い花をつける。そのあとに付ける実が白く膨らむのだが、触るとプワプワしている。

トラキメネはこちらから

カテゴリー: オーストラリア, 一年草, 旅行, , 白い実, 白い花, 郊外, 野草 | コメントする

西オーストラリア花紀行-26 カロタムヌス・クアドリフィドゥス

【カロタムヌス・クアドリフィドゥス:Calothamnus quadrifidus】

赤い花弁が長く下がるようにつけるフトモモ科(Myrtaceae)の低木です。西オーストラリアには70種ほどが知られているがほとんどの花が赤です。花の長さや花の支えている部分や葉の長さが様々です。高木がなく低木~這性の樹木が知られています。

カロタムヌスはこちらへ

カテゴリー: オーストラリア, 低木, 常緑樹, 旅行, , 樹木, 自然, 草原, 赤い花, 郊外 | コメントする

西オーストラリア花紀行-25 ホワイトスパイダー・オーキッド

【ホワイトスパイダー・オーキッド:Caladenia longicauda】

前回の黄色のランとなじ属のランです。オーストラリアではこの属のランがとても多く、こそホワイトスパーダ―オーキッドも地域変異が多いようで、多分標準花であろう写真の花も車で移動した先で見たものは唇弁の花色が濃かったり、別の場所では花弁がより細かったり幅広だったりなどなど、違いの分かるもの、どこ?という疑問符のつくものなどなど多く見られます。違いを探すのも楽しいですけどね。

カラデニア属はこちらから

カテゴリー: オーストラリア, ランの仲間, 多年草, 宿根草, 常緑多年草, 旅行, , 樹林内, 白い花, 草原, 郊外, 野草 | コメントする

西オーストラリア花紀行-24 カウスリップ・オーキッド

 

【カウスリップ・オーキッド:Caladenia flava】

少し前に出たピンクフェアリーと同じ属のランの仲間です。明るい黄色で赤いスポットもしくはラインの入る地生ランです。結構まとまって咲いているので目立ち、ついつい写真に撮り収めてしまいます。花色は特に赤い部分に変化が多い。まとまっていると黄色い紙人形が集まっているみたいだ。

カラデニア属のランはこちらから

カテゴリー: オーストラリア, ランの仲間, 多年草, 宿根草, 常緑多年草, 旅行, , 樹林内, 郊外, 黄色い花 | コメントする